こんにちは。占い師の魅來です^^

 

以前、記事にも書かせていただきましたが、新しいカードをお迎え致しました!

本当はオラクルカードをお迎えしようと思ったのですが、絵柄と何とも言えない不思議な魅力に惹かれまして・・・。

トートタロットをお迎え致しました!!

以前から、新しいカードを手に入れるつもりではいたのですが、タロットだと、何と言うか、今までのカードから浮気をしている気分になってしまい・・・。

なので、小アルカナ付きのタロットのお迎えも気が引けていたのです。

 

トートタロットはカードの意味やアテュ(大アルカナに当たるカード)の順番などが違いますし、小アルカナの種類なども違うので、今まで使用してきたカードとは

また別のカードであると認識しています。

スプレッドの仕方、念の込め方などにも違いがあります。

 

トートタロットの絵柄の考案者はアレイスター・クロウリーという大魔術師で、実際に絵を描いたのはフリーダ・ハリスという女性の画家さんです。

クロウリーについて調べてみると、とても破天荒な人生を歩まれた方の様です。

クロウリーについてはこちら ⇒ アレイスター・クロウリー – Wikipedia

 

 

また、カードを選ぶ際に棚に並んでいる数々のデッキを見ていて、トートタロットから

大変な凄味と言いますか、帝王かのような風格を感じたというか・・・。

そんな感覚にも襲われました。

トートタロットを実際に占いに使用した方のお話で

『なんだかカードに馬鹿にされてるような気がする!』

ということを聞いたことがあります。

カードと占者の間にはどうしても相性がありますので、そういうこともあるかもしれません。

的外れな結果を出してしまったりなどですね。

私もカードに認められるか心配になりまして、ウェイト版とトート版と、両方で

同じ内容で(もちろん別日で、ですが)占ってみました。

結果は、全く同じ内容。

不思議なものですね。

慣れ親しんだカードと同じ結果が出たのであれば、トートにも認めてもらったのかな、

相性は悪くないに違いない!と安心しました。

 

トートタロットに正位置・逆位置というものが存在しないのも面白い特徴です。

トートにはエレメントという概念があり、火・水・風・土のエレメントが1枚1枚

込められています。

火と水、風と土は対極の位置にあります。

それ以外は友好関係です。

カードを展開した際に、例えば

火 水 火

という並びであれば、[水」のカードは悪品位、ウェイト版で言う逆位置ということになります。

トートには他にも様々な要素があり、一度学ぶともっともっと深く学びたくなるような

不思議な魅力が詰まっていると思います。

 

 

今後、トートタロットを通じて、皆様へメッセージをお伝えできる機会ができるかもしれません。

その際は、またこちらでご報告させていただきます^^

 

 

 

 

 

 

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。