今回は、私が思うところのお悩みやご相談者様の状態によって

どの相談サービスを利用したらいいかをご提示させていただきたいと思います。

この記事では、少し厳しいことも書くかもしれませんが、ご相談者様が

どのサービスをご利用されるか、1つの指標、アドバイスと捉えていただけましたら幸いです。

 

相談機関というものが、いくつか種類があることは、皆様ご存じかと思います。

 

・占い

・カウンセリングルーム

・行政の電話相談

・士業の相談(無料も含む)

医療機関

 

ざっと思いつくだけで、これだけ出てきました。

恐らく世の中にはもっとたくさんの相談業があるかと思います。

・・・あ、役所に直接相談というものもありますしね。

 

今まで25年以上タロット鑑定をやってきて、占いがいいか、カウンセリングの方がいいか、迷っているご相談者様も実際いらっしゃいましたので

実際にあった例を交えながらこんな場合はこういうところに相談した方が良い、などお伝えできたらと思います。

 

<ケース1>現在の職場の人間関係で悩み、心が傷付いているAさん

Aさんは上司からのパワハラで、退職する予定ですが、心が傷付いていて

今後の転職に自信がないということでした。

しかし、占いの結果、少し時間を置けば周りの人から求人の情報をもらえたり

紹介をしてもらえそうな予感ありと出ました。しかも、環境は今度こそホワイトであるといういいカードが出ていたので、それをお伝えしました。

すると、Aさんはそれまでのうつむき加減で暗い表情が一変、明るく「よかった!」と笑顔になったのです。

こういった方は、占いでよかったのかなと思います。

もちろん、カードではもう少し時間を置けば、と出ていたので、それまでは心の傷を癒すために自分を労わることだけしてね、とアドバイスをさせていただきました。

 

<ケース2>不倫で心身に不調が見られているBさん

Bさんには特に不満を感じることもない優しいご主人がいるのですが、職場の同僚を本気で好きになってしまい、不倫関係を続けていました。

何も知らないご主人は、相変わらず優しい。

けど、自分は不倫相手に本気で愛情を向けている…。

ご自分がしていることへの罪悪感で、Bさんの心身は悲鳴を上げていました。

イライラ、不眠、食欲不振、不安などの不定愁訴、更には希死概念まで出てきていました。

この時は、私は占いをすべきかどうか、相当悩みました。

ご相談者様がカードに集中できなければ、当たるものも当たらないからです。

結果、ご相談者様にはシャッフルのストップかけのみお願いして占ってみましたが

出たカードはやはり「早めの治療で効果あり」や「ストレスが強い」という意味合いの

カードが並んでいました。

やはり、どうしたら良いかの指標がタロットで出ますので・・・。

余りご自分を責めると心身に良くないので、占いの結果はさらっとお伝えし

不眠は万病の元なので医療機関に相談した方が良いとアドバイスをさせていただきました。

今考えると、カウンセリングでも良かったかもしれません。

認知行動療法などで回復できた可能性が高いので…。

 

このように、私の場合は結構「どうしたらよいか」を具体的にストレートにお伝えをさせていただいております。

Bさんのような場合は、占いの結果もそうですが、ご本人の状態を見て、どうした方がいいかをお伝えさせていただく場合もございます。

 

この線引きは、私の場合ですが

・自分で何とか将来をいい方向へ持っていけそう、自分の意志がしっかりしていて

 自分の将来を変えていく心のパワーがある。

⇒占いがよろしいかと思います。

 

・悩みが大変深く、心にパワーが乏しい。心身に何らかの不調が見られ、日常生活を送ることが難しい。

⇒カウンセリング、又は医療機関へのご相談をお勧め致します。

 

みらいは現在、カウンセリングのみのサービスを行っていない為、こういったアドバイスのみを行わせていただいている状況です。

 

何があっても、健康こそが全ての源だというのがみらいのポリシーです。

ただし、占いへの依存を何とかしたい!などのご相談にはご対応可能ですので

(占いは致しませんので、別サービスとなります)

もし、占い依存でお悩みの方はご相談いただければと思います。

 

医療とカウンセリングの違い、占い依存については、また別の記事でご紹介致しますね。

 

 

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。